WordPressの管理者メールアドレスは通常、WordPressサイトの管理画面から変更しますが、データベースからも変更可能です。

管理者メールアドレスの変更手順

データベース上の手順

データベース内に「wp_options」のテーブルがあるので、それをクリックします。(※「wp_」の部分は違う場合があります)

「admin_email」を編集し、任意のメールアドレスに変更します。

WordPressサイトの管理画面上の手順

設定(一般)画面に、承認待ちのアラートが出ているのを確認します。

画面下部の「変更を保存」をクリックします。

以上で、アラートが消え、正常にメールアドレスが変更されます。

この方法が役立つケース

ローカルで開発していたサイトを本番環境へ移行するタイミングで、ローカル環境で使用していた「root」や「admin」などの適当な文字列を任意の文字列に変更したい

こういったケース、開発しているのが自分のサイトなら問題ないですが、例えば、クライアントのサイトだと、認証作業をクライアントにお願いすることになるので、できれば避けたいところです。

クライアントの手間を少しでも減らすことは、開発者として、サービス提供者として意識したいところですね👌