AIトレースにはAdobeのIllustrator(イラストレーター)を使うのが一般的ですが、イラストレーターを使わずにAIトレースする方法もいくつかあり、その中でも「Vectornator(ベクターネーター)を使ったトレース」が今1番おすすめできる方法です。

Vectornator(ベクターネーター)って何?

Vectornator(以下、ベクターネーターに統一)とは、AdobeのIllustrator(イラストレーター)のようにベクター画像を作れるiOSアプリです。

Adobeのイラストレーターを使うには、「パソコン代」と「ソフトの使用料」を支払う必要がありますが、ベクターネーターは無料で使えて、iPadとApple Pencilに対応しているので、iPadでイラストを描いている人にぴったりなアプリと言えます。

また、Apple Pencilに対応したiPad版のアプリもありますが、パソコン版と同様に課金が必要なので、無料で使いたい場合はベクターネーター一択になります。

本家のアプリなので、使いやすさや機能性は申し分ありませんが、パソコン版の機能がすべて使えるわけではなく、ほとんどの場合ベクターネーターでも代用可能です。

使い方

それでは実際にアプリを使ってみましょう。

新しく画像を作成する場合は、右上にある「+」からキャンバスを新規作成します。

「インポート」の項目では、自分の好きなサイズでキャンバスを作成したり、Cloudやデバイスの写真/カメラにアクセスできます。

画像をトレースする場合はこちらから画像をインポートしましょう。

画像をインポートするとこのような画面になります。

このままだと元画像がの線が濃くてトレースした線が見づらいので、元画像の透明度を下げていきます。

①右上にあるレイヤーの項目を押して、

②元画像のレイヤーを選択し、

③バーを左側に移動させて透明度を下げました。

また、「スタイル」の項目では線の色などを変更することができます。

①スタイルの項目をタップし、線のみトレースする場合は②の目のマークをタップして塗りつぶさないように設定します。

③の色の部分を押すと線の色を変更することができます。

塗りつぶし機能を消さない場合、下画像のように線の内側が塗りつぶされますので、トレースする画像に合わせて設定を変えましょう。

左側の「ツールバー」にある「ペンツール」を使って画像トレースしていきます。

ペンツールでは、Illustratorと同じように「ベジェ曲線」を使って画像を作成することができます。

このペンツールを使ってどんどんトレースしていきます。

もし間違えてしまってやり直したい場合。

左上にある「>」を押すと、隠れているバーを開くことができます。

矢印のマークが出てきますので、左側を押すと間違えた操作を取り消すことが出来ます。

右側を押すと、取り消した操作を元に戻すことが出来ます。

完成後、「ノードツール」を選択してアンカーポイントを微調整することもできます。

そして完成したのがこちら。

最後に

Adobeのイラストレーターは、一般的なイラストのようにペンで直線や曲線を描くのではなく、点と点を線でつないだり、その線の角度や色を変えたり、「イラストレーター専用の描き方」で描いていきます。

この専用の描き方はベクターネーターでも使われているため、慣れるまで時間がかかります。

また、Adobeのイラストレーターとまったく同じ機能ではないため、仕事を請ける場合は気をつけてください。

🔗 Vectornatorをダウンロードする