2020年10月にiPad版Illustratorがリリースされました。

iPad版Illustratorではどんなことができるのか、基本ツールをそれぞれ簡単にまとめました。

ツールバー

画面左側にあるのがツールバーです。

①選択ツール

オブジェクトを選択するときに使用します。

オブジェクトの移動や回転、縮小・拡大など 様々なアクションができます。

また、下部のアイコンをタップすると、不透明度の変更や線幅の変更、オブジェクトの複製・削除なども行うことができます。

②ダイレクト選択ツール

オブジェクトの形を変形させたい時に使用します。

オブジェクトをタップすると、アンカーポイントの追加・削除、または移動させることができます。

③ペンツール

パスでオブジェクトを作成したいときに使用します。

アンカーポイントを打って伸ばしたり、ハンドルの向きを変えたりすることによって形を調整します。

④鉛筆ツール

フリーハンドでオブジェクトを作成したい時に使用します。

描いた線がそのままパスになり、線の滑らかさも0~10で調整が可能です。

また、鉛筆ツールをダブルタップまたは長押しすると、塗りブラシに変更することができます。

⑤消しゴムツール

部分的にパスを削除したい時に使用します。

ドラッグした部分のパスを削除できるので、オブジェクトを分断したり、欠けた状態にすることができます。

また、滑らかさ、真円率・角度、筆圧の変更が可能です。

⑥シェイプツール

ドラッグすることによって図形を描写することができます。

シェイプツールのアイコンをダブルタップまたは長押しで、長方形、円、三角形、スターに切り替え可能です。

⑦文字ツール

タップした部分にテキストを入力することができます。

デフォルトで「その壮大なプロジェクトは」と入力されているので、削除して入力したい文字を打ち直します。

文字ツールアイコンをダブルタップまたは長押しで、縦書きに切り替え可能です。

また、下部のアイコンをタップすることによって、文字の大きさの変更、トラッキング(文字間のスペース)の調整、行間の調整などができます。

⑧アートボードツール

アートボードのサイズを変更したり、新しく追加したい時に使用します。

プリセットから選択するか、ドラッグ操作で拡大・縮小して作成することができます。

⑨読み込み

外部から画像ファイルを読み込むことができます。

ペンツールなどで画像をトレースしたい場合に役立ちます。

⑩カラー

塗りと線の色を変更することができます。

オブジェクトを選択した状態で色を選択すると、そのオブジェクトの色を簡単に変更することができます。

スポイト機能を使って既存の色を使用したり、単色からグラデーションに切り替えることも可能です。

タスクバー

画面右側にあるのがタスクバーです。

①レイヤー

レイヤーの管理をする画面です。

レイヤーの新規追加、ロック、非表示切り替えができます。

②プロパティ

選択したオブジェクトのプロパティ(属性)を表示します。

選択した項目によって内容が切り替わります。

〈オブジェクトを選択した場合〉

サイズや表示位置、カラーや不透明度の変更などもこの画面で可能です。

〈テキストを選択した場合〉

③ガイドとグリッド

ガイドの表示やグリッドの表示設定ができます。

直線引いたり、図形を配置する目安になるので表示しておくととても便利です。

④シェイプを結合

2つ以上のオブジェクトを選択した状態で開くと、シェイプの結合を行うことができます。

「合体」「型抜き」「交差」「中マド」「分割」「パスに変換」 から選択できます。

⑤編集

選択したオブジェクトの編集をする画面です。

「カット」「コピー」「ペースト」ができます。

また、「アピアランスをコピー」「アピアランスをペースト」を選択すると、オブジェクトのアピアランス(カラーなど)を別のオブジェクトにコピーすることができます。

⑥整列

オブジェクトの整列、分布、反転ができます。

それぞれのオブジェクトの位置を揃えたい時や、向きを変えたい時などに便利です。

⑦オブジェクト

オブジェクトの編集ができます。

分割・拡張、グループ化、クリッピングマスクの作成、パスのアウトライン作成、ガイドに変換、複合パスの作成ができます。

⑧文字

文字のアウトライン化などができます。

文字をアウトライン化するとパスが表示されるので、文字の形を変えたりすることができます。

また、オブジェクトと文字を選択した状態で「パス上文字」をタップすると、オブジェクトのパスに沿って文字を作成することができます。

⑨パス

ダイレクト選択ツールでオブジェクトを選択するとパスの編集ができます。

オブジェクト下部にあるアイコンでも同じように編集ができます。

⑩リピート

オブジェクトのパターンを作成することができます。

「ラジアル」「グリッド」「ミラー」から選択できます。

〈ラジアル〉

中心の点の周囲にオブジェクトが均等に分布します。

〈グリッド〉

水平・垂直のグリッド状に繰り返し表示されます。

〈ミラー〉

鏡のように対照的なアートを作成します。

ナビゲーションバー

画面上側にあるのがナビゲーションバーです。

①取り消し

一つ前のアクションを取り消します。

②やり直し

取り消したアクションを元に戻します。

③編集に招待

パソコンやiPad、iPhoneなどすべてのデバイス上で編集ができるようになります。

共同編集者のメールアドレスを入力することで招待できます。

④公開と書き出し

作成したドキュメントを書き出します。 

保存形式をAI、PDF、SVG、PNG、PSDの中から選択すると、他のアプリと連帯したり、保存先を選ぶことができます。

⑤ヘルプ

使い方のチュートリアルを見たり、タッチジェスチャー、タッチショートカット、キーボードショートカットの確認ができます。

⑥設定

ファイル名や単位の変更、アプリケーションの設定ができます。

⑦表示モード

表示モードをプレビュー(デフォルト)または、アウトライン表示に切り替えることができます。